カンジダの薬を入れたのにまだかゆい…膣カンジダはどう治す?

最終更新日時 :

膣カンジダ症は女性の多くが一度は経験すると言われています。デリケートゾーンのかゆみは気になりますよね。この記事では膣カンジダ症について、治療法とよくある質問を産婦人科医監修のもと解説します。

膣カンジダとは

膣カンジダはカンジダ症の一つです。カンジダ症の症状が膣にあるとき「膣カンジダ症」といいます。女性の場合、外陰部の症状が同時に出やすいため「外陰膣カンジダ症」とも呼ばれます[^1]。

日本産科婦人科学会ガイドラインによれば、75%の女性が生涯に1回以上は膣カンジダ症になるといわれています[^2]。膣カンジダ症は生活の質(QOL)を落とす原因になります。膣カンジダ症について知り、適切な予防・対応をしましょう。

女性の性器カンジダの症状

粘り気の強いおりものが特徴です[^3]。

  • 白く濁ったおりもの
    • 白いカスのようにも見えます。
    • カッテージチーズ、酒かす、ヨーグルトなど様々な食べ物に例えられます。
  • 外陰部の細かいひび割れや乾燥
  • 膣・外陰部のかゆみ・痛み
  • 排尿時や性行為中の痛み

男性の性器カンジダの症状

カンジダの症状は男性ではほぼ無いことが多いです。

  • 性器への酒かす状の付着物
  • 性器のかゆみ
  • 性器の軽い痛み

膣カンジダの原因

膣カンジダの原因は、Candida属の真菌の感染です。Candida属の真菌は、健康な人でも皮膚や粘膜に住んでいます。カンジダは膣内に保菌されているだけのことも多いため、症状がある場合にのみ治療適応となります。(注釈※1)

ではなぜ、症状が出る人と出ない人がいるのでしょうか。カンジダ症の発症の仕組みには、大きく分けて2つあります。1つ目の原因が、日和見感染(いわゆる自己感染)です。日和見感染とは、健常な人ではなんともない病原体や微生物が、免疫機能が低下した状態・ストレスが強くかかる状態において、症状を引き起こす現象のことです。膣カンジダ症は、以下のようなことが発症のきっかけになります。

  • 抗生物質
  • 妊娠
  • 糖尿病
  • 汗ばむ状況で外陰部が擦れる動きをした(性行為ふくむ)
  • 免疫機能が低下する薬を使っている

2つ目の原因が、性行為による感染と発症です。約5%と頻度は低いですが、性行為により男性が性器カンジダ症になることも稀にあります[^4]。(注釈※2)

治療方法と費用

これまで膣カンジダ症と医師に診断されたことがない人は、必ず病院を受診しましょう。市販薬は再発した膣カンジダ症にのみ使えます。(注釈※3)

なお、以下のような場合は積極的に病院を受診しましょう。

  • これまでに3回以上膣カンジダ症を発症している。
  • 最近6ヶ月以内に新しいパートナーとコンドームを使わないで性行為をした。
  • 痛みが強い・お腹の上の方まで痛む。

治療方法

膣カンジダ症の治療では、清潔・安静を保ち、カンジダを抑えることが重要です。まずは以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 刺激が強い石鹸を使わないようにする。
  • 通気性のよい下着を着る。
  • 陰部に刺激が加わる動きを避ける。

カンジダを抑える治療薬として膣剤とクリーム・軟膏を使います。膣剤には大きく分けて、毎日膣に入れ直して6日間使うものと、1回膣に入れたら1週間入れておくものの2種類があります。

膣剤と合わせてクリーム・軟膏も治療に利用します。クロトリマゾールなどの抗真菌薬を、1日2-3回外陰部に塗ります。

費用

健康保険を使う場合、初診料+検査料+薬剤料の、おおよそ1,800円〜2,500円で治療できます。この費用は、先発医薬品を使ったり大病院を受診したりすると更に高くなります。torch clinicでは健康保険を使った治療に対応しています。

健康保険を使わない場合、つまり自費診療の場合、費用は病院により様々です。

よくある質問

パートナーも治療が必要ですか?

いいえ。症状がない場合、パートナーの治療は必要ありません[^3]。男性パートナーに症状がある場合や、症状がなくとも何度も感染を繰り返す場合は、泌尿器科や内科、総合診療科を受診してください。

市販薬を使ってもいいですか?

これまでに病院で膣カンジダ症と診断されたことがある場合、ご利用いただけます。適切な治療のため、初回は病院において検査を受けていただくようおすすめいたします。

病院を受診することで、カンジダ症以外の疾患に気づけることがあります。海外の研究では、膣カンジダ症だと思い病院を受診した女性95人のうち実際に膣カンジダ症であったのは34%であったという報告もあります[^5]。

自然に治ることはありますか?

はい。自然軽快することもあります。カンジダはもともと皮膚や粘膜にいる真菌なので、免疫機能や細菌叢の変化により自然に治癒することがあります。ただし、おりものの量が多かったり痛み・かゆみが強い場合は無理せず治療することをおすすめいたします。

治療中に性行為をしてもいいですか?

治療が終わるまでは性行為を控えることをおすすめしています[^1][^2][^3][^4]。治療中は性行為中に膣に違和感や痛みを感じることがあります。治療が終わる前は膣や外陰部で炎症が起きていることが多く、デリケートな状態です。負荷をかけると治療後も痛みが続く危険性もあり、おすすめできません。

治療薬(膣錠)を入れた後に薬が出てきました

白い液体状であれば問題ありません。挿入して数時間以内に、固体のある程度大きいものが出てきてしまった場合、十分溶け切っていないため再度挿入してください。

膣剤が出てこないよう、寝る前や運動を終えた後に挿入することをおすすめいたします。

薬を入れたのにかゆみが続いています

はじめのかゆみが続く場合

膣カンジダの薬を入れたのにかゆみが続くことは珍しくありません。膣カンジダ症では膣や外陰部の皮膚・粘膜がデリケートな状態になっています。陰部を洗う際は刺激を避けるため、石鹸は使わず[^2]、流水でやさしく洗い流すようにしましょう。刺激が少ないボディソープや下着をいくつか試してみることも効果的です。また、できるだけ性行為は避けましょう。

1週間の初回治療で痒みが良くならない場合は、他の感染症の可能性もあるため病院での相談が必要です。

治ったかゆみが再発した場合

再度治療が必要です。場合によっては治療薬の変更や、前回より長期の治療を行うことがあります。治療の一環として、無症状のパートナーの男性を治療することがあります。

完治したサインを教えてください

治療をすべて終え、白く濁ったおりもの、かゆみ、痛みなどの症状が消えた時点で完治と考えます[^1][^2]。途中で症状が全て消えても、医師に伝えられた治療期間中は治療は必ず続けてください。

注釈

※1 腟にカンジダを保菌している方の割合は、非妊婦で約15%、妊婦で約30%であると言われています。そのうち症状があり治療の必要があるのは、非妊婦の腟内カンジダ保菌例のうちの約15~30%程度であると言われています[^1]。

※2 性交渉のみで獲得するものではないため、通常の性感染症とは異なりパートナーの追跡や治療は原則必要ありません。ただし再発を繰り返す場合は、無症状でも男性側の治療をおすすめします。

※3 膣カンジダ症の症状は、膣トリコモナス症や細菌性腟症などほかの疾患と類似しています。隠れた他の疾患を見逃さないようにするため、市販薬は再発の膣カンジダ症にのみ使えます。

参考文献

[^1]: 甲斐 冴ほか. 特集, 産婦人科医が知っておきたい性教育のポイント: 性感染症の現状と問題点, その他の性感染症(腟トリコモナス症,外陰腟カンジダ症). 産婦人科の実際. 2021, 70(1), p.39-44.

[^2]: 日本産科婦人科学会編. 産婦人科診療ガイドライン: 婦人科外来編 2020. 日本産科婦人科学会事務局. p16-18. 2020, 246p.

[^3]: Jack DS. “Candida vulvovaginitis: Clinical manifestations and diagnosis”. In: UpToDate, Post TW (Ed), UpToDate, Waltham, MA.

[^4]: 日本性感染症学会編. 性感染症診断・治療ガイドライン2020. 診断と治療社. p.90. 2020.

[^4]: Ferris, Daron G et al. “Over-the-counter antifungal drug misuse associated with patient-diagnosed vulvovaginal candidiasis.” Obstetrics and gynecology vol. 99,3 (2002): 419-25